このページを訪れてくれてありがとう。  2006年4月より、東京→和歌山に家族三人で拠点を移し「都会でできる自然な暮らし」を継続中!(^^ 海まで自転車で15分。遠くに山々が見えます。(^^
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
カーナビがないって素敵だ
2009-01-31 Sat 10:39
img_3532.jpg

「ガイアシンフォニー第三番」と「カーナビ」(続き)

 クルマで移動する。

 これはあまりにも当たり前のコトになってしまった。

 だったら、せめて、全神経を集中させて、運転を動物的感覚で楽しむべきだと思う。

 どんなに道に迷っても方向感覚を失わなければ、キミは走っていける。

 ときに立ち止まったっていい。



 クルマという現代的な乗り物に乗るときにも、太古の「方向感覚」を呼び覚まし、研ぎ澄まし、楽しめるか、これは、自分自身にかかっている。

 みなさんにお伝えした通り、年末年始に、ふじかわファミリーは、一般道でカーナビなしで「和歌山~東京」間を往復した。

 ナイノアの業績にくらべれば、1/10,000 以下の業績に過ぎないが(笑)、それでも十分に楽しいドライブになった。簡素な地図を見ながら夫婦で軽くけんかをしながら(笑)方向感覚を信じて、アクセルを踏み続けるのは、いい体験だ。

 歩くのが一番。
 自転車も最高。

 けど、クルマもタイアで大地を蹴っている、という意味では、運転を、大地や地球や自然との対話と言っても構わないだろう。

 だから、ボクはクルマに乗るときも、いつも真剣勝負である。

 どうせなら楽しくネ

P.S. あっ、カーナビを全面否定しているわけではありません。(^^;
   カーナビって、ほんとすごいと思う。
   氣に入っているヒト、使い続けてくださいね。

   ただ・・人工衛星から位置を割り出しているってことは、
  「わたしはココよ」という電波を出し続けているわけだから、
   電磁波の心配はありますね。

   う~ん、やっぱり、カーナビがないって素敵だ。
スポンサーサイト
別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
「ガイアシンフォニー第三番」と「カーナビ」
2009-01-29 Thu 16:35
DSC00507.jpg

「ガイアシンフォニー第三番」は星野道夫がメイン。

 しか~し、

 なんと言っても、ナイノア・トンプソン!

が印象に残る。

 ボクは毎日のように、彼のことを思い出す。
 苦しいとき、判断がむずかしいとき
「ナイノアならどうするか?」
 と問いかけると、いつもいい答が返ってくる。(^^



 ナイノア・トンプソンは、星と風と波など、自然だけを頼りに大航海を成し遂げた人物。

 石油もエンジンも、また方位磁石もない時代に、五千年前のポリネシア人と同じ方法で太平洋を航海し、 自分たちの祖先がポリネシア諸島からハワイイに移り住んだことを証明した。

 この行為・行動がどれだけ、ハワイイ人を元氣づけたことか!
 計り知れない功績を彼は残した。

 ナイノアは現在も世界中で活躍中!



 カーナビ。

 もし、あなたが、ナイノア・トンプソンを好きなら、カーナビは捨てよう。

 カーナビはすごい。
「そろそろ右車線に入ってください」
と、細かい指示までしてくれる。(笑)



 まわりの知人・友人にインタビューしたところ、二人の方が同じことをおっしゃっていた。

 いわく、
「カーナビがあると道を覚えない・・」
「カーナビがあると方向感覚がおとろえる・・」

 まったく、そうだと思う。
(ちなみにお二人は、カーナビを装着していない)
(お二人とも、年間走行距離は長い。お仕事等で)

 ナイノアは道路標識もなんにもない「海」でも方向感覚を持ち続けた。

 この感覚に感動するなら、カーナビはいらない。(←ここがポイント)

 写真は昨年9月、赤目自然農塾へ行った帰りに立ち寄った「くずきり」のお店。(おいしいらしい。この日は場所の確認のみでした)
別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
環境・食・経済の講座 ~ アーユルヴェーダ・ランチ♪ のお知らせ
2009-01-27 Tue 23:31
pict0366.jpg

 みなさん、こんにちは~♪

 寒い日が続きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか・・?

 今回は、現在進行中ー、、の世界的な水不足についてお話します。
(プロジェクター&大型スクリーンも使います)

 アメリカの大穀倉地帯をテレビや映画でご覧になられた方は多いと思
います。広大な小麦畑やトウモロコシ畑が見渡す限り広がっています。

 しか~し、あの大穀倉地帯は地下水によって支えられているわけです。

 その地下水の水位が年々、下がっています。
(ポンプで汲み上げ過ぎ~なんです)
 あと2~3年以内に約半分が干上がってしまうという予測もあります。

 つまり、

 水不足 → 食糧不足

 と、なるわけです・・

 では、瑞穂の国「日本」はどうなのでしょう。
 水には恵まれている日本。
 だけど、いまからよく考えて準備しておかなければならないことがあ
るはずです。みなさんと一緒に考えてみましょうネ。(^^(ナビゲータ
ーは致しますのでご安心を。(^^



 1秒間に・・

 大型トラック63台分、252トンの化石燃料が使われ、

 アメリカ中西部の地下水が、25mプールひとつ分、減少しています。



 1秒間に・・

 320万円の軍事費が使われ、

 平和維持のために国連が1万円を使っています。



 1秒間から見えてくる世界を感じてみませんか。

 すごいスピードで動いている世界を
 少しこわいけども、
 となりのヒトと共有するって、
 ボクにとっては素敵な体験でしたから。(^^

(当講座の実績)
 2008年もおかげさまで大盛況でした。(^^
 2008年9月30日(火)の講座の参加者は11名様。
 2008年12月2日(火)の講座の参加者は2名様。

 どうもありがとうございました。



 ピアノ・ミニ・ライブ♪もあります。

*****

 当日のタイム・スケジュールは・・

10:00~10:15 朝のピアノ演奏~
            ゆるやかな音楽で始めましょう♪
(その1)
10:15~11:00 世界的な水不足の現状を知ろう!(^^
           「1秒の世界」
(その2)
11:00~11:30 おさむのとっておき「ビデオ」の上映会
           (人類のお母さんはアフリカから!きたんだ(
            DNAから解析された事実)のビデオにしよ
            うかな♪)

(その3)
11:30~12:00 上映会を終えて、感想を分かち合います。

(その4)
12:00~13:00 アーユルヴェーダ・ランチ(要予約)
            raw food と共に
            by ふじかわなおこ

(その5)
13:00~13:30 jazz piano♪ 生ピアノのミニ・ライブ♪
            by ふじかわおさむ(^^



 日 時:2009年2月17日(火)10:00~13:30
 場 所:-琉春庵-♪(和歌山市松ヶ丘 1-6-39 tel.073-460-1555)
 speaker:藤川 修(ふじかわ おさむ)

 参加費: 500 円(要予約)(講座)
 ランチ:1,500 円(要予約)

 お問合せ・ご予約は、メールか電話でお願いします。
 講座のみでももちろんOKです。

・先着8名様までとなっております。定員になり次第締切とさせて頂き
ますのであらかじめご了承ください。

 では、みなさまにお会いできることを楽しみにしております。

 藤川 修(ふじかわ おさむ) 直子(なおこ)

 641-0033 和歌山市松ヶ丘 1-6-39
 tel. & fax. 073-460-1555

 -琉春庵-♪
 http://homepage3.nifty.com/badi/
 Think Globally, Act Locally!
別窓 | 環境・食・経済の講座 | コメント:0 | トラックバック:0
もし、心が満たされていれば、
2009-01-24 Sat 14:21
IMG_5395.jpg

「リサイクル・・」

 どうやら、ほとんどのリサイクルは利権絡みのようです。

 一部のヒトが儲かっているだけ。

 しかも、ほとんどのリサイクルは、エネルギーをより多く消費しちゃうみたい・・つまり、環境により負担をかけることが多い・・んです。



 けど、もし、心が満たされていれば、(←ここが重要です)

 みんな、現在のようにモノの「大量消費」には走らないんじゃないかな。

 だから、

 間違った「エコ」
 間違った「リサイクル」
をするのではなく、

「心」を満たすようにしてやれば、それが自然に「エコ」な行為になるんですね。

 たとえば、

 環境のことを考えて「今日はクルマじゃなく歩こう」ではなく、
「歩いた方が運動になるから(からだにいいから)歩こう」の方が自然です。(もちろん自転車もいいですね!)

 結果的にその行動が「エコ」になる。(^^
 それがいいですね。
別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
レジ袋くんのことを「わるもの」と言わないで
2009-01-22 Thu 21:34
IMG_5397.jpg

「偽善エコロジー」 武田邦彦 幻冬舎新書

を読みました。

 さて、レジ袋。

 和歌山でもレジ袋の有料化が決まりましたね

 で、このレジ袋
 環境に、それほどわるくないようです。

 むしろ
 このレジ袋を「わるもの」として追放してしまうと・・

 なんと

 日本国内の石油の消費量が増えてしまうんです!

 ひょぇ~!! 知らなかった・・(^^;

 これはつまり、

 マイバッグを売りたい会社がある、というお話。

 マイバッグは、石油の有用成分からできているため・・なのです。
(100%綿・麻のエコバッグならいいのですけども)

 レジ袋はもともと石油の不用成分からつくっていたので「エコ」だったんですね。しかもきれいに燃える。

 一方、自治体指定のゴミ袋は有用成分からできているようです・・

 一部の業者(ヒト)だけが儲かるエコ産業・・
 ヒトって、どこまで行ってもヒトをだまして儲けるんですね

「エコ」は、変な商売にはしてほしくないなぁ

 はぁ~(ためいき・・)&(涙)(少し)

別窓 | essay | コメント:5 | トラックバック:0
ありがとう!
2009-01-21 Wed 22:31
pict0313.jpg

 ありがとう、と夫婦間で言う回数は、一般的には、結婚後、年々減る傾向にあるらしいですが、ウチでは変わりません。キッパリ。(ボクの方がやや少ないか・・ゴメン・・反省)

 なんか、ちょっと、こう、はずかしいんだけど、
 なんかしてもらったんなら、軽やかに、

 言ってみる。

「ありがとう」

(今日は5回は言ったなぁ~)



 この甘くない「クッキー」
 穀物の味が、しっかりしていて「うまい」です。
別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
既存の枠組にはまらない生き方 2
2009-01-20 Tue 14:04
pict0121.jpg

 閉塞感のある世の中。

 みな、どうやって生きていったらいいかわからないという。
 若者にも夢がない。
(大人がわるいと思う)

 けども、

「既存の枠組にはまらない生き方」を、ふだんの生活で示せれば、

 きっと多くの方を勇氣づけることができるんじゃないか。
(な~んだ! そんなに簡単に楽しく生きられるんだ~、と)
(会社もバイトもいらないね、と)

 それが、ぼく、ふじかわおさむの使命??でありミッション(mission)(あれ??英語に訳しただけか(笑)のような氣がしてなりませぬ

 生きていればいいんだ。

 生き続けよう。

 今日も、はっぴー
別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
今日は「ヨガ」でした
2009-01-19 Mon 22:02
tag

 からだの「かたさ」では日本で一、二を争うボク。(笑)

 それでもヨガインストラクター・竹中麻衣子さんの「無理をしなくていいです。自分ができる範囲で」という暖かいことばに包まれて、それはそれは天国のような「一時間半」を集中して過ごすことができました。

 きれいなポーズはとれなかったけども(笑)

 からだが温まりました。(^^



 竹中麻衣子さんは、単独でベトナムに行って(過去何回も)ストリートチルドレンといっしょに風呂敷をつくることによって支援しようと努力されている方です。またエイズを減らすイベントにも参加されています。

 年末に、こわい「デング熱」にかかり、なんとか、ベトナムで回復したものの、一時帰国中。

 で、久しぶりに「ヨガ」レッスンを受けました。
 ありがとうございます。

 一品、持ち寄りランチもよかった。参加者:七名
(ボクは途中から一時間ばかりピアノを弾いていました。リクエストがあったので)



 デング熱は二回目がこわいと言われているので、麻衣子さん、ベトナムに行かないで!

 けど、「風呂敷プロジェクト」が氣になっているそうだから、行くんだろうなぁ・・(麻衣子さんが主宰しているプロジェクト)(命を大切に)

 麻衣子さんは和歌山県の「童楽寺」の「尼さん」になればいいと思いました。真面目に。(^^ 尼さんになろうかな、と、今日、おっしゃっていたので。

 悟っています。



 竹中麻衣子さんはすばらしいヨガの先生
 英語堪能

 非常に優秀な女性なので、命をどうか大切にしてほしいです。

 ベトナムへ行くなら、虫よけ(蚊よけ)リキッドをプレゼントします。
 それくらいしかできない・・



ニュース和歌山の記事
http://www.nwn.jp/framec/20090117/2/2.html

竹中麻衣子さんの blog
http://lifeinhcm.blogspot.com/

竹中麻衣子さんの簡単な紹介
http://rakugakido.jp/koukishin/face/2008/01/post_3.html

http://shihori.spaces.live.com/blog/cns!E1819C28A53494A8!5265.entry
(上記から抜粋)
デング熱に一度でもかかったら、すぐに仕事をやめて、日本へ帰る。
なぜなら、デングは一回目はイイ。死なない。
でも、二回目からは、デング出血熱になる可能性が高く、死ぬ可能性も大いにでてくる。

http://www.yokohama-keneki.go.jp/s-2/s-2-1-2-12.html
(上記から抜粋)
重症例では、デング出血熱と言われているものがあります。全身の出血症状が見られ、場合によっては死に至ることもあります。2回目以降のデング熱にかかることで、デング出血熱になりやすいと言われています。
別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
既存の枠組にはまらない生き方
2009-01-18 Sun 21:54
saien

 年末に、愛知県の知多半島の「とりのさと農園」を訪ねた際、夜、おいしい~清酒(香取90)(決して二日酔いしない酒)を飲み交わしながら、他ならぬ人生の大先輩であるとりのさとさん(橋本氏)から、さらっと次のようにお褒め頂きました。(てんぐにはならないぞ~ (笑)

「既存の枠組にはまらない生き方ができるヒトは、そうやって生きていけばいい」

 なるほど、とりのさと氏から、-琉春庵-♪のふじかわおさむを評価すると、こういうことばになるのだな、と深いおことばをありがたく噛みしめたわけです。

 ありがとうございます。(^^
別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
(昨日の続き)「ほんとうの環境問題」
2009-01-15 Thu 16:09
saien

 エネルギーを大切に。
 これはわかる。

 じゃぁ、なんで、電力会社はあれだけの電気を毎日ジャブジャブつくるんですか?

 儲かるからでしょ

(夜間の電気は毎晩余りまくるので、捨てまくっている。揚水発電所があるけども、三回揚水発電所を通せば、ちょうど電気はゼロ(笑)これは、電力会社が言っているのだから間違いないです。(笑)

 結局、今月の給料がほしい、というヒトが減らない限り、この地球はダメでしょう。

 いや、地球は大丈夫。
 でも人類はダメでしょうね。(笑)

 まずは、身の回りを見て、

 オール電化がまったく!エコではない。
 放射能をまきちらす「もと」である、ということを
「手始めに」理解して頂きたいものです。

 オール電化は「放射能をまきちらすシステム」である。

 こんなに簡単なこともわからないのであれば、

 エコも
 ちょんちょんも
 なにも

 ありませんネ(^^;

 電気をこまめに消しても
 エアコンの冷房設定を28度にしても
 省エネタイプの、すばらしい冷蔵庫に買い換えても
 なーーーんの意味もない!です。(笑)

 原発のどこがグリーンで、クリーンなのか!
 責任者、すぐに和歌山まできなさい!(笑)(^^

 まぁ、日本って、責任者不在ですべてが進む国だけども。(笑)



 まぁ、ともかく、この本、超おすすめです。

 ただし、どんな良著も鵜呑みにしないことが大事です。
 これはボク自身へのことばでもあります。

 どんな文章でも著書でも、
 そのヒト(書き手)の思想が入っていますから、
 盲信してはいけませんね
(この文章もそうです)

 ただ、あまりにも腐った政治・官僚・財界・・
 政治家はまぁ、おいておいて、
 アホな官僚が多いことにはあきれはてます。
(この本にも書いてあるよ)

 子供たちの未来を思って真面目に生きているヒトは、
 まだまだ全体から見ると、
 10%にも満たないでしょうね・・



 最近、景気がわるい、と言います。
 けど、また景気がよくなったら、
 おカネとモノとエネルギーが動くので~
 必ず「環境」は悪化します。(ゴミも出るし~)

 だから「景気」がよくなったら、
 子供たちに未来を残すことができない、という方向になりますね。

 少しずつ、このまま景気が減退していくことを希望しています。

 ゆっくり、ゆっくり・・

 スロー、これが大事。
別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
(感想文)「ほんとうの環境問題」池田清彦 養老孟司 新潮社
2009-01-14 Wed 22:30
hontou

「ほんとうの環境問題」池田清彦 養老孟司 新潮社

 2008年3月 発行
 2008年8月 15刷
なので、ま~、ほんと、よく売れている本ですね

 この本は、超おすすめ!です。

 ともかく環境問題ってのは一筋縄ではいかない、ということがよ~くわかる。

 環境問題って実のところ「人間問題」ですよ

 んで、いまだに99%の人間にとっては「環境問題」よりも「いまの会社にずっと居続けられるかどうか」の方がはるかに重要な事柄でしょう。

 そりゃぁ、そうです。これをボクは批判できない。

 だって、あんた、おカネがなかったら~
 やっぱり、お米も買えないし、ガソリンも買えないし、
 困るよね

 ま、それはいいとして。

 この本は、目からウロコが何枚も落ちます。

 ペットボトルは実はほとんどリサイクルされていないから、なるべく買わないようにはしているヨ(これは知ってました)(リサイクルするのにも石油が必要なんですね。だからペットボトルは燃やして発電するのが一番いいそうです)

 ま、それよりも大きな問題は「ストップ地球温暖化運動」に国が毎年一兆円も使っているということです。(100億円の束が100束!)

 この一兆円。実はほとんど意味がない!んですね。

 これだけのおカネを使っても、日本が「ストップ地球温暖化」にわずかでも貢献できることは今後も永遠にないでしょう。え~っ!

 ここのところのからくりがよ~くわかる本です。(^^

 明日に続く。(^^
別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
ボクはがまんができない!
2009-01-13 Tue 11:26
katei saien

 だから「会社」もやめてしまった。(笑)

 会社の仕事(営業・技術)はおもしろかったヨ

 けど、時間がおしかったネ

 毎月、給料をくれる、ただそれだけのことで、
 ボクのかけがえのない一度きりの一生を持っていかれてしまうなんて!

 文字通りがまんできなかったんですね



 ボクは毎日、ほとんどなにもがまんできません。(笑)

 まったく、子供みたいですが、(笑)

 楽しく仕事をさせてもらって~
(軽快♪パソコンの販売・修理・設定、ショッピングカート制作、写真撮影、ピアノ教室、講演・・いまやっている仕事は七つ)

 自分の時間もたくさん、あります。

 こんな生活、誰にでもできる、と思っています。
 がまんできないボクにもできちゃったのですから。
(いや、現在進行形です~)

 なにも考えずに辞表をだすだけ~(笑)
 奥さんだけは味方につけてネ

(長野県の宿「なかや」、滋賀県の「はるや」、共にボクが尊敬するファミリーです。素敵な奥様と子供さんがたくさんいて(笑)、会社員もバイトもしてない。その代わり生きる智恵はすごい。自給自足。)

 おカネは、ちゃんとついてきます。
 やりたいことがはっきりしていればね

 退職記念に三ヶ月間くらいバリ島へでも行ってらっしゃ~い!

*****

 それに、家庭菜園をしていれば飢えることはありません。
 七草だっておいしいもん
(写真は、-琉春庵-♪の家庭菜園から収穫した野菜。スプラウトがおいしい!)

 とにかく、こんなボクを生かしてくださって、
 周囲の方々に感謝、感謝の毎日ですわ

 ありがとうございます! (^^
別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
ボク、がまん、できないんです
2009-01-12 Mon 22:21
kaki

a1

a2

 ここだけの話ですが(笑)、

 ボク、がまん、できないんです。

 本当は「お肉」が食べたいんだけど、がまんして食べない、
のではなく、その逆で、

 おいしいものだけを食べたいんですね

 そうしたら、自然と、

 お米、雑穀、豆類、乾物、海草、無農薬の野菜、果物、ドライフルーツ、ナッツ、スパイス・・

 というものになってしまった、というわけです。

 まったく肉食を否定してないんですが、
(自分で鶏をしめて有り難く食べればいいのだ!)
 正直、肉を食べている「暇」がないんです。
 そういう余裕がない。

 結果として「肉」を食べない生活になっている、と

 ただそれだけのことです。(笑)



別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
奥が深いよ、なたね油
2009-01-11 Sun 22:08
nanohana

 天ぷらっておいしいですか?

 天ぷらは食べません。

 油は超~貴重品ですから

 安い油は、石油系のヘキサンという溶剤でしぼっているので~
 トランス型脂肪酸の宝庫です。(笑)

 あなたの買っているいつものそのサラダ油、キャノーラ、アブナイです。(笑)

 ウチで使っている圧搾の油(しぼっているんです、だから圧搾という漢字を使うんですね)は、高級ですから天ぷらなぞ、できませぬ

 もし、揚げ物をする場合は、油をフライパンにしいて~
 それで、ウラ・オモテを揚げてやればいいんですね

 天ぷらや鳥の唐揚げが好きなヒト、要注意です。

 ご自分が大丈夫でも(その油で体調をくずさなかったとしても、)

 赤ちゃんが生まれたら~

 その子はアトピーになりますね、たぶん。

 写真は、これぞ本物!のなたね油。おいしい~!
「菜の花プロジェクト奈良」の「菜の花オーナー」になればすぐに送ってくれます。
http://www.ne.jp/asahi/nature/nara/nanohana.html

 この最高のなたね油は、
 生野菜にかけて、大切に食しています。
 大根おろしにも合う!(^^
別窓 | essay | コメント:2 | トラックバック:0
「肉食」をやめるのは簡単だった!けど「少食」になるには11年もかかった。
2009-01-10 Sat 12:27
ayurvedic

 無理に「お肉」をやめることはありません。

 なんでも無理をすると、リバウンドがありますので~

 けど、牛が銃で殺されるときの「哀しみ」や「恨み」を思えばやめてもいいかもしれませんね。(映画「いのちの食べかた」をご覧になりましたか??)

 さて、

 実は「肉食」をやめることはそれほどむずかしくありませんでした。

 しかし、

 菜食(ヴィーガン)になって、はや、11年。
 少食(食べすぎないという意味)になったのはここ一年ですね。

「肉」をやめるのはそれほどむずかしくありませんでしたが、「少食」になるには11年もかかってしまいました。(笑)

 食い意地がはってたんですね~ >ボク

 はい、いまでもがっつり食べる日はいくらでもあります。(笑)
別窓 | essay | コメント:2 | トラックバック:0
元氣な野菜を食べていれば元氣でいられますね
2009-01-09 Fri 10:11
ayurvedic

「無農薬の野菜って高いでしょ?」とよく聞かれます。

 ボクの回答は「ぜんぜんそんなことないですよ」というもの。

 ウチでは基本的に無農薬・有機栽培もしくは無肥料の野菜やお米や雑穀を買います。他に圧搾のなたね油やオルチョサンニータというオーガニックの圧搾のおいしい~オリーブオイルなど、高級品を使用していますが、一ヶ月間の食費は、たぶん一般家庭よりも安いと思います。

 その理由は、肉、魚、牛乳、ヨーグルト、バター、チーズ、お菓子、ペットボトルのお茶などを買わないからではないでしょうか。(笑)

 残留農薬や添加物を長年とっていると、やがてガンになったり重い病気にかかるかもしれません。認知症にもなるかもしれません。これらの病気は病院にいくら通っても治らないような病気ばかりです。病院に行けば当然おカネもかかります。

 ウチでは病院に行くことがないので健康保険にも長年入っていません。
 もちろん生命保険にも入っていません。(笑)

 自然食品店で無農薬の野菜を買って、料理していれば、病気にかかりにくいでしょう。大根も白菜も生で食前にバリバリ、です。酵素が大事ですからね。酵素は48度で死んでしまうので食前の生野菜、果物が大事なんです。(これをマクロビオティックでは教えてくれなかったんだよね~)

 あとは毎日、散歩など軽い運動をすること。
 過度なストレスのかかる仕事を続けてしないこと。

などが大事でしょうネ。(^^
別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
我が家の暖房費は1500円(二ヵ月分)
2009-01-08 Thu 14:24
room

 11月の中旬頃から、灯油のストーブをぼちぼち使い始めて、今日は1月8日(木)ちょうど1500円分くらいの灯油を使用しました。

 我が家の暖房費はいまのところ今冬は1500円。

 エアコンの暖房は、ピアノの生徒さんのために使うくらいなので、無視できるくらいのものでしょう。

 台所兼食堂は南向きで日当たりが良いので日中はポカポカ~(^^
(写真を参照してください)

 曇りの日は外出しちゃいます~
 ウチで仕事がある日はストーブをつけます~

 家の中では、がっつり着込んでいるので、ボクなんかは「だるま」と言われています。(笑)

 ちなみに電気代は一ヶ月、3000円くらいです。

2007年1月に書いた文章はこちら
http://homepage3.nifty.com/badi/blue_flame/blue_flame_070130.html
別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
石窯ピッツァ・パーティー!天然酵母。国産小麦 2009. 1. 5
2009-01-06 Tue 10:10
ishigama


yomogi cake

 今日は祐也の九歳の誕生日パーティーでした。(^^
 ピアノで Happy Birthday♪を演奏して~(おさむ)
 みんなで唄いました。(^^



・石窯で焼いたピッツァ、12枚

 寺田本家の酒粕から酵母をおこしました。(なおこ)

 前日に半分、祐也が生地をこねました。450g
(半分はおさむ)450g

 分量の比率は・・

 強力粉:10
 全粒粉: 1
 水: 5~6
 酵母:1~2
 天然塩:0.1 くらいです。



・よもぎのケーキ(もちろん、白砂糖、乳製品はなし)

 いつものようにデコレーションは祐也がしました。

 おいしかった~♪

 みなさん、ありがとうございました。楽しかったね! (^^

http://badi.web.fc2.com/ishigama2/ishigama_090105.html
別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
今回の東京滞在(詳細版)
2009-01-03 Sat 16:05
una 1


loving

(写真)
ウナカメラリベラ una camera livera(中野)
ラヴィングハット(四谷)

*****

 ~今回の東京滞在(詳細版)~

12月24日(水)
12:00 base cafe(吉祥寺)(昼食)



12月25日(木)
12:00 ウナカメラリベラ(中野)(昼食)

 中野駅南口から徒歩5分のウナカメラリベラにて、毎週木曜日、あの
高木淳子さんが料理を出している。

 raw food もインドネシア料理も南インド料理もきちんと習得されて
いる料理人は、日本国内でも貴重な存在だろう。(いまのなおこにぴっ
たりの存在である)

 この日は南インド料理。
 本場の味を忠実に再現している高木淳子さんの腕前に脱帽。
 インドネシア語も英語も完璧。お人柄も気さくで話しやすかった。

 以下、高木淳子さんのお話。

 世界中で特にジャズ好きとして有名なのがフランス人と日本人。
 数年前、フランス人が淳子さんに、
「お前、日本人だったらジャズ好きに違いない。アルビン・アンコック
って知ってるか?」と聞いたと言う。(笑)(これ、わかりますか)
(アルビー・アンコックかな)



18:15 ダルマサーガラ(東銀座)S.Yさん(夕食)

 この店にも驚いた。
 こんな店、あったんだぁ~
 あの南インド料理の味が、東銀座で再現されている。
 ランチのミールスが安いので是非!

 ここでいっしょに食事をしたS.Yさんとは、仲がいい。

 12年前、彼がボクに自然食を教えてくれた。
 料理も教えてくれた。
 その後、パソコンのことも。

 彼自身は大学卒業後、オペラの仕事などで、中国と日本を往復してい
た。かけがえのない20代は自由にやりたいことをやっていた。

 そして中国人と結婚。いまは子供さんはお二人。家も購入。
 Linux などの資格をあっという間に取得し、派遣社員からスタート。
 あまりの実力の高さと人柄の良さ、徹夜もできる根性、コミュニケー
ション能力の高さ、それに問題解決能力の高さを認められ、現在は誰も
が認める一流のネットワーク会社のグループ・リーダーを任されている。

 脱サラして、田舎暮らし(自由業)というのはよく聞くが、
 自由業から、一部上場企業のサラリーマンへの華麗なる転身というの
は、ほとんど聞いたことがない。身近なスーパーマンの一人である。

 彼は、野菜づくり(自然農法)、料理も完璧。
 多分、石窯も家づくりもできるだろう。

 いつでも田舎暮らしは可能。
 そのときがきたら、と笑顔を見せてくれた。



12月26日(金)
20:00 眠庵 Nemurian(神田須田町)S.Sさん(整体師)

 あまりにもうまいそば屋。
(一皿目と二皿目でそばの産地がちがう!もちろん手打ち)
(オーナーが自分の足で、目で集めたそば粉なのだ)
 純米酒はなぜかすべて静岡県産。
 どの酒も料理も、うなるばかり・・
 豆腐もつくりたて!(手づくりの味がするよ)

 さて、

 S.Sさんは元 jazz pianist で現在は整体師。
 パリャーソの賢作さんにピアノを習っていたことも。

 現在は整体の事業部長をしており、整体のお弟子さんは200人を数
えるほどに。

 話題は、お酒、音楽、社会、環境、経済、人類、整体・・と多岐に渡
り・・結論としては、人類には問題が多すぎる。たぶん、本当に近い将
来、滅びるかもしれない・・しかし、すべての問題をS.Sさんや藤川
が、たった二人で(笑)解決するのは不可能だ。だから、やりたいこと
をやるだけ。それが、いま自分にできる唯一のことだから。

 真面目な話。笑える話。互いに励まし合った場面・・
 何度も涙が出そうにもなった・・
 ありがとうございます。

 ハッと氣がつけば、夜中の12:25だった。
 生まれて初めてカプセルホテルに泊まった。
 あまりにも快適。ぐっすり朝までねむった。



12月27日(土)
17:00 ヤマテピアノ(池ノ上)おさむピアノ・ライブ♪
お客様:加藤アオイさん(jazz singer)、母、なおこ、ゆうや

 お客様は少なかったものの、ライブはやることに意義がある。

 音楽は、うまいやつしか、人前でできない、という風潮が間違ってい
る、と思う。

 ボク(おさむ)は、いままで70人くらいには(ボクのピアノに)感
動してもらっている。

 ということは実力は十分。(ほんとうはまだまだだ)

 場数を踏めば、必ず、1%はうまくなる。

 音楽はヒトに聴いてもらってなんぼ。

 誰にも聴いてもらえない音楽は50点だ。

 100点を目指すなら、ライブをするしかない!

 やるだけだ。just do it!

 今回は他ならぬなおこから「よかったよ」と言ってもらえて、こちら
が感動してしまった。

 夫婦で褒めあう(ここっ!という瞬間にだ)って素敵なことだ。(^^



12月29日(月)
11:45 sajilo cafe(吉祥寺)(昼食)

 吉祥寺グルッペの目の前の店。

 せまい、けど、最高!
 店内がせまいのもご愛嬌。親密になれるよ。

 ネパールのカレー、おいしい。
 ここは、ぜひ。

 辛さも選べる。4段階。
 0,1,2,3。

 食事のあとは、吉祥寺グルッペでお買い物~♪
 すばらしい!品揃えの自然食品店。
 肩肘はってないのがいい。



 まだまだ書きたいことはいっぱいあるので、
 ぼちぼち書いていきます~♪

 みなさん、ありがとうございました。
別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
今回の東京滞在
2009-01-03 Sat 15:59
base cafe 1


base cafe 2

 ~今回の東京滞在~

12月23日(火)23:00 東京着

24日(水)
12:00 base cafe(吉祥寺)(昼食)
なおこ、ゆうや、おさむ

 店内に剥き出しの鉄骨。いいセンスだ。さすが。

 macrobiotic のお料理。
 きちんと薄味。でも、おいしい! そして少量。(^^
 ゆっくりと味わえる。

 ていねいに料理を出してくれる。
 すべてにていねいさが出ている。

 一人で女性がゆっくり自分の時間をつくっている。
 そんな女性客が目につく。
 たまにはこんなところで自分だけの時間を持ちたいもの。

 きてよかった。
 ありがとうございます。



12月25日(木)
12:00 ウナカメラリベラ(中野)(昼食)
高木淳子さん、M.Wさん、なおこ、ゆうや、おさむ

14:30 みつろうキャンドルの紹介~荻窪グルッペ
15:00 Kさん宅
ゆうやの幼稚園時代の友達が集まる日
Kさん、Fさん、Aさん
なおこ、ゆうや、おさむ

18:15 ダルマサーガラ(東銀座)(夕食)
S.Yさん、おさむ

26(金)
上野の科学館など
両親、なおこ、ゆうや

10:00 Uさん、おさむ(PC)
14:15 H.Yさん(荻窪)、おさむ(PC)
18:00 ラヴィングハット O.Eさん、おさむ
20:00 眠庵 Nemurian(神田須田町)S.Sさん、おさむ

27(土)
12:00 TARA CAFE(Natural House 2F)O.Kさん、なおこ

10:00 S.Yさん(茅場町)、おさむ(PC)
14:00 なぎ食堂(渋谷)、おさむ
17:00 ヤマテピアノ(池ノ上)おさむライブ♪
お客様:加藤アオイさん(jazz singer)、母、なおこ、ゆうや

28(日)
11:15 cafe ALIVE (代々木上原)M.Kさん、なおこ

10:00 O.Mさん(桜上水)、おさむ(PC)
12:00 O.Yくん、T(下北沢)、おさむ
14:00 K.Yさん、Yさん(久我山)、おさむ(PC)
16:00 I.Mさん、Mさん(西荻窪)、おさむ(PC)
18:15 M.Tくん、 holon(西荻窪)、おさむ(夕食)

29(月)
9:30  K.Yさん、Kさん(荻窪)、なおこ、おさむ
(絵本のお話とクッキーづくり)

11:45 sajilo cafe(吉祥寺)(昼食)
Emme さん(歌手)、K.S先生(jazz paino)
13:30 sajilo cafe H.Jさん、Nさん
15:00 みつろうキャンドルの紹介~吉祥寺グルッペ
18:00 吟雅(阿佐ヶ谷)A.Iさん、なおこ、おさむ(純米酒)

30(火)
10:00 S.Mさん(芦花公園)、おさむ(PC)
14:30 O.Mさん、おさむ(PC設置)

31(水)
10:00 フォロイングT.Yさん(子母口新田)、おさむ(PC)

1月1日(木)
 8:00 東京を出発(高速道路を使わないで~)
22:00 和歌山に到着(^^
別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
こんなに味のあるドライブは初めてだった!
2009-01-03 Sat 15:52
kakegawa

 12月22日(月)~23(火)

 さぁ、いよいよ、和歌山から東京へ出発!

 今回はなるべく高速道路を使わないことに決めていた。
 結果として、これは正解!だった。
 なぜなら、高速道路を利用したときよりも疲労感が少なかったから。
 自分でも信じられなかった。

 実際、知多半島の最南端にある有機農家「とりのさと農園」を午前
11:00頃出発してから、11時間で東京の吉祥寺に到着した。

 途中から海沿いの国道1号線を選んだところ、国道1号線はまるで高
速道路のように整備されていて、時速 70km ~ 80km で走り続けること
ができた。バイパスも何本もあり快適そのもの~♪

 静岡の掛川の道の駅で休憩をとったあと、なおこが東京まで運転して
くれた。長距離ドライブは、特にアクセルを踏む右足が疲れるので、運
転手が二人いるのはとても心強い。

 高速道路というのは景色が単調だ。もちろん、景色は見えるが、スピ
ードが速いのでゆっくり見ることはできない。視界のほとんどは単調な
道路。しかも時速 100km ~ 120km で走り続けなければならず、せっつ
かれた感じが常につきまとう。

 一方、高速道路ではなく、一般道の方はずっと楽しい。なんと言って
も様々な街並みを見ることができるから。大きな街が近づけばクルマの
数が増え、街を過ぎれば、クルマの数は減る。国道1号線やバイパスに
はほとんど信号がない区間もあり、本当に快適にドライブできる。

 しかも、高速料金がかからない。ガソリン代だけだ。これは大きい。
お財布にやさしく、身体疲労も少ないとなれば、メリットが大きい。

 高速道路を利用せず、一般道を走る。これはすべてのみなさまにお勧
めできる。

 東京時代に乗っていたプジョー205。これはいまでも思い出のクル
マだ。とにかくよく走った。高速道路の長~い上り坂もアクセルをやや
踏み込んでやれば、ボクの意思通りにグングン加速していった。こうい
うパワーのあるいいクルマに乗っているうちは、一般道で東京~和歌山
間を往復しようという発想はなかった。

 ところが現在の愛車デミオはややパワー不足だ。もちろん時速120km
程度であれば問題ないがプジョーのようにツーーーッと安定して走る感
じはない。しかし、こういうアンダー・パワーなクルマに乗ると、発想
もスローな方向へ導かれるようだ。

 特筆すべきはデミオのシートで、14時間、座っていてもまったく腰
が痛くならなかった。もしかしたらプジョー205のシートよりもいい
んじゃないか。本当にマツダという会社はクルマづくりというものがよ
くわかっている。

 そもそも、先日南仏から来日したヨハンとララは、3,000円の中古自
転車で東京を目指した。冬なのに小さなテントと寝袋を自転車にくくり
つけて・・そんな彼らの行動に刺激されないほどボクらは鈍感ではない。

 和歌山から東京までのガソリン代は、5,500 円。これで荷物満載で三
人で移動できるのだから、もっとも安くて快適な移動手段と言えるだろ
う。クルマ・ファンが減らないのも納得できる。
別窓 | essay | コメント:1 | トラックバック:0
| -琉春庵-♪ 「都会でできる自然な暮らし」 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。