このページを訪れてくれてありがとう。  2006年4月より、東京→和歌山に家族三人で拠点を移し「都会でできる自然な暮らし」を継続中!(^^ 海まで自転車で15分。遠くに山々が見えます。(^^
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
原発は温室効果ガス、CO2「ゼロ」じゃない!
2009-04-30 Thu 23:11
2009043001_01_1.jpg

 こんなデータがほしかったんだ。
 ナイス!

 原発は温室効果ガス、CO2「ゼロ」じゃない!

(以下抜粋)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-04-30/2009043001_01_1.html
年82万トン 運輸・郵便部門に迫る
政府・財界の“推進宣伝”はごまかし
政府資料で明らかに

 日本の原子力発電所や核燃料製造施設などから、中規模火力発電所一カ所分並みの年間約八十二万トンの温室効果ガス(CO2とフロン)が出ていることが、経済産業省と環境省の「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度」(二〇〇六、〇七年度)の集計データから分かりました。このデータは本紙が情報公開を請求して入手したもの。原子力関係の排出実態がわかったのは初めてです。(宇野龍彦)

 政府・財界は「原発は世界に貢献。CO2ゼロ」などと宣伝し、「低炭素社会の切り札」と位置づけ増設しようとしていますが、それが、事実に反することが明らかになりました。

 原子力関係の施設は、核燃料製造や使用済み核燃料の処理、保守点検・放射性物質管理などで大量の電力消費をともないます。

 原発でもっとも多かったのは石川県の志賀原子力発電所で約十万九千トン。公開資料に北海道電力、関西電力の各原発と東京電力福島第2原発の排出データはありません。これらを除く商業用原発の排出量の合計は約二十八万トンでした。

 このほか福井県敦賀市の高速増殖炉「もんじゅ」が約四万トン。運転停止中にもかかわらず、原子炉冷却用のナトリウムを固まらないように加熱するため、大量の電気使用にともなうCO2の排出源となってきました。

 核燃料製造施設では日本原燃、三菱原子燃料など四社あわせて約二十四万トン。もっとも多かったのは青森県六ケ所村にある日本原燃の核燃料製造施設(ウラン濃縮、使用済み核燃料再処理)。関連施設の運転にともない、約二十二万トン(〇七年度)を排出していました。

 茨城県や福井県などにある日本原子力研究開発機構の全施設で約三十万トン排出していました。

 原発や核燃料製造施設などの温室効果ガスの排出量を合計すると八十二万トンになります。(表)

 電力会社などは、さきに横浜市で開かれた日本原子力産業協会の年次総会で、「CO2ゼロ」と原発を持ち上げましたが、実態は大違い。業種別でみても、運輸・郵便部門の事業所(約九十万トン)に迫る排出源となっています。
スポンサーサイト
別窓 | 原発 | コメント:0 | トラックバック:0
<環境・食・経済の講座 ~ アーユルヴェーダ・ランチ♪ >のお知らせ
2009-04-26 Sun 22:02
PICT1170.jpg

 みなさん、こんにちは。

 いままでに三回開催した講座が好評だったので再度開催します。

 朝はフルーツのみ (^^ (採りたて!生野菜も)
 これ、やってみたら、ウチ三人とも調子がいいんです。
 ナチュラルハイジーン、ローフード(raw food)のお話をします。
「酵素」が「消化と代謝」のカギをにぎっているんですね。



 後半は・・
 藤川家のふだんの食卓を公開します。
(プロジェクター&大型スクリーンも使います)

(当講座の実績)
 2008年9月30日(火)の講座の参加者は11名様
 2008年12月2日(火)の講座の参加者は 2名様
 2009年2月17日(火)の講座の参加者は 5名様

 どうもありがとうございました。

 今回は日曜日! (^^

 ピアノ・ミニ・ライブ♪もあります。

*****

 当日のタイム・スケジュールは・・

10:00~10:15 朝のピアノ演奏~
            ゆるやかな音楽で始めましょう♪
(その1)
10:15~10:45 氣持ちいい~毎日を送るために
            朝はフルーツ♪
            酵素のお話

(その2)
10:45~11:15 藤川家の食卓
            アーユル・ヴェーダ料理の例
            マクロビオティック料理の例

            「バランスのとれた食事」を
             とらないようにすること!?

(その3)
11:15~11:45 おさむのとっておき「ビデオ」の上映会

           「村さんのスズキ」~命のありがたみを知る

(その4)
12:00~13:00 アーユルヴェーダ・ランチ(要予約)
            raw food と共に
            by ふじかわなおこ

(その5)
13:00~13:30 jazz piano♪ 生ピアノのミニ・ライブ♪
           (DIAPASON グランドピアノです)
            by ふじかわおさむ(^^



 日 時:2009年5月31日(日)10:00~13:30
 場 所:-琉春庵-♪(和歌山市松ヶ丘 1-6-39 tel.073-460-1555)
 speaker:藤川 修(ふじかわ おさむ)

 参加費: 500 円(要予約)(講座)
 ランチ:1,500 円(要予約)

 お問合せ・ご予約は、メールか電話でお願いします。
 講座のみでももちろんOKです。

・先着8名様までとなっております。定員になり次第締切とさせて頂き
ますのであらかじめご了承ください。

 では、みなさまにお会いできることを楽しみにしております。

 藤川 修(ふじかわ おさむ) 直子(なおこ)

 641-0033 和歌山市松ヶ丘 1-6-39
 tel. & fax. 073-460-1555

http://homepage3.nifty.com/badi/event/kouza_080523a.html

 -琉春庵-♪
 http://homepage3.nifty.com/badi/
 Think Globally, Act Locally!
別窓 | 環境・食・経済の講座 | コメント:0 | トラックバック:0
ウィルスくん、さようなら
2009-04-21 Tue 11:06
ryushuan_090421b.jpg

 いま話題の ubuntu(ウブントゥ) Linux を入れた。

 すばらしい!

 ボクは2001年から、Laser5 などの Linux を少しずつ勉強していた。
 しかし、このウブントゥは、とにかく使いやすい!

 東芝ノート(15inch 液晶)J32 にインストールしたところ、
 ディスプレイ、サウンド、LAN など主要なドライバは、自動的にあたった!
 楽々~である。

 DVD の映画もそのまま見れた。

 Firefox (web site 閲覧)も快適~
 flash もちゃんとDLでき、youtube も快適
 ジャパンネット銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行、Yahoo auction など、完璧に動作した。
 pdf もOK

 Linux なので、ウィルスが入る心配もほとんどない!
 これは、安心だ。

 Open Office と MS Office との互換性もだいぶいい感じ。
 Word, Excel, PowerPoint のファイルも、すべてきれいに読めた。

 Evolution メールも使いやすい。

 いままで使っていた Windows の領域へのマウントもワンクリックで済む。
 ほとんどすべてのファイルを読むことができる。
 フォーマット形式もFAT, FAT32, NTFS どれでもOK

 今回は Windows2000 & Ubuntu のダブル boot の設定にした。
 これも簡単だった。



 世の中の大半のヒトは、メールができてホームページが読めればそれでいいそうだ。
 あとは、Word/Excel/PowerPoint ができて、
 文章が書けて、
 デジカメの写真がとりこめて、
 写真の縮小と、ブログ, mixi ができれば、それでいい。

 だとすれば、ウィルスをこわがりながら、
 Windows を使い続ける必要はない。

 ウブントゥが一番だ。
 ほんとーに動作が軽快だ!

 Windows のアプリを使いたいなら、ダブル boot にすればよろしい。

 けどほとんどはウブントゥで、こと足りる。

「たけのこ」の日記とこの日記はウブントゥで書きました。(^^
 gedit で書いてからUPしました。


http://www.atmarkit.co.jp/news/analysis/200710/22/ubuntu.html

(抜粋ここから)
 Ubuntuプロジェクト創始者のマーク・シャトルワース氏は2005年に、約1000万ドル(約12億円)の私財を投じてUbuntu財団を設立。開発とサポートにコミットしている。そのコミットメントがあったことと、従来の技術者寄りのユーザーが好むメーリングリストではなく、誰にでも使える Webブラウザベースのコミュニティサイトでの交流を促したことから、Ubuntuは多くのユーザーや開発者を集め、みるみるうちに完成度を高めていった。

 南アフリカ共和国出身のシャトルワース氏はアフリカ人初の宇宙旅行者としても知られている。1995年、22才のときに始めた電子認証局ビジネスが成功。1999年に米VeriSignに対して5億7500万ドル(約650億円)でその会社を譲渡している。

 シャトルワース氏は、Linuxをはじめとするフリーソフトウェアの存在があって初めて成功できたのだから、自分はLinuxコミュニティに恩返しをするべきだと考えているようだ。ディストリビューション名の「Ubuntu」にも、そうした思いが込められている。UbuntuのFAQページによれば、Ubuntuというのはアフリカで話されている言語から持ってきた単語で、「ほかの人と共にあること」という人間性を指す言葉だという。共有や総意、共生といったことを重んじる精神を表す言葉で、それは「美しすぎて英語には訳せないと言われている」とまでFAQに書いてある。
(抜粋ここまで)

ここからダウンロードできます。(無料)
ubuntu Japanese Team
http://www.ubuntulinux.jp/

別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
たけのこ
2009-04-19 Sun 22:37
DSC01390.jpg

DSC01392.jpg

 4月18日(土)

 紀美野町三尾川の山中で「たけのこ」を掘りました。

 山に入り、竹やぶを見つけると、
 そこには、いくつもの「たけのこ」が
 地面から顔を出していました。

 持参していた、やや小型のシャベルで
 たけのこのまわりからグッグッと掘っていき、
 最後に、てこの原理で、グイッと持ち上げると
 きれいに堀上がりました。

 うちへ持ち帰り、なおこに料理してもらいました。

 下処理にはぬかを使います。
 で、ひと晩放置します。

 ひじきたけのこ
 いや~、ともかく、うまかった。(^^

 写真は
 掘る前、と
 掘ったあと。

別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
白いものへのあこがれ - しお(精製塩)
2009-04-10 Fri 23:00
PICT0873.jpg

<しお(精製塩)>

 マクロビオティック信者(過去にボクもそうでした(^^;は、精製塩でなく自然塩(天然塩)を、と言います。実際、ウチでも精製塩ではなく、自然塩(天然塩)を買って料理に使っています。そのかわりできるだけ少量だけ使うようにしています。

 また反マクロビオティック派は自然塩のにがりが短命の原因と言います。これもたぶん「おおはずれ」とは言えないでしょう。もしかすると65%は本当のことかもしれません。

 自然塩がそれほどからだによくないとしても・・
 まさか精製塩を買う氣はしません・・
 むずかしいところです。

 結論としては「しお」は摂り過ぎない方がよい、ということでしょう。



 玄米も短命の原因と考えるヒトがいます。
 これも半分は正解でしょう。
 ウチでも現在、玄米は一年に数回しか食べませんから。
(詳しくは「白米」の項でお話しましたね)



 自然塩(天然塩)vs精製塩
 玄米vs白米

 これらの対決、なかなか勝敗は決まらないでしょう。

(玄米→3分づき→5分づき→7分づき→胚芽米→白米 の順番に「磨き度合い」が多い。あなたは白米派?ま、栄養ありませんね)



 しかし、ふつーの方(ヒト)は、そんなことにはこだわっていませんね。

 ふつーにスーパーで買い物をしていらっしゃるので、
 カレーのルーも買うし
 インスタント食品も買うし
 冷凍食品も買うし、というわけで

 からだが添加物漬けになっております。

 けど添加物がからだにわるいと知っててスーパーに行くのですから問題ありません。それでいいのです。

 なんせ、にんげん(人類)は、防腐剤をあちこちでふりかけて、食品が腐らない、住みやすい世の中を実現するっていうのが夢でしたから。

 これでいいのだ!

 ところで、

 これでいいのだ ~ 赤塚不二夫自叙伝 (文春文庫)
という本はおもしろいかもしれません。

 どなたか「これでいいのだ」の感想文をお待ちしています。

 写真は「菜の花」

別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
白いものへのあこがれ - 白米(はくまい)
2009-04-08 Wed 21:16
PICT0913.jpg

 白いものへのあこがれ

 さとう

 白米(はくまい)

 しお(精製塩)

 牛乳

 小麦粉



 はみがき粉

 白いシャツ

 白いシーツ



 白いコピー紙

 白いクルマ

 白い家



<白米(はくまい)>

 精米機で玄米を白米にすることが可能になったとき、
 我々は喜んだ。

 噛むのが面倒~だった玄米とおさらばできるからだ。

 しかも炊いた白米は「白く輝いていた」ので「銀シャリ」と呼ばれた。

 玄米を食べているなんてもはや「時代おくれ」であり、
 白米を食べることがもてはやされた。



 実は

 玄米の「皮」に「糠(ぬか)」と言われる栄養分があったのだが、白米には「ぬか」がないので、多くのヒトが「かっけ」になった。

 それでも、白いものへのあこがれは強かったので、いまだに「白米」が主流になっているのは、みなさん、ご存知の通り。



 ところで、ウチ(藤川家)では、もはやマクロビオティックには、こだわっておらず、アーユル・ヴェーダとローフードが中心。

 なので、玄米を食べるのは、冬に数回程度。
 普段は精米機で少しだけ搗(つ)いて、三分づきにしている。
 もちろんサンエフの土なべ(あまぐりくん)で炊いている。

 糠(ぬか)も残っているし、消化にもいいし、おいしい。

 現代の精米機は小型で性能も良いし安いので、超おすすめ。
 白米が好きなヒトにも。
(玄米を買ってきて、自宅で精米したら白米もおいしい)



 だいたい市販の白米は(皮がないので)すでに酸化している!
 どんなに高い白米も、白米で購入するということは酸化している米だということ。



 電気炊飯器は不要。精米機は必須。

 あなたのおウチには、炊飯器はあっても精米機はないのでは?
 もったいな~い。

別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
バームクーヘン、焼きました (^^
2009-04-07 Tue 14:21
DSC01288.jpg

dsc01290.jpg

dsc01298.jpg

dsc01300.jpg

DSC01301.jpg

 いや~、うまいの、なんのって!

 炭火やし~ (^^


 なおこがくわしく書いています。
 http://naoko28.blog54.fc2.com/blog-entry-40.html

別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
白いものへのあこがれ - さとう
2009-04-06 Mon 22:03
PICT0887.jpg

 白いものへのあこがれ

 さとう

 白米(はくまい)

 しお(精製塩)

 牛乳

 小麦粉



 はみがき粉

 白いシャツ

 白いシーツ



 白いコピー紙

 白いクルマ

 白い家



<さとう>

 ウチでは、料理にさとうは使用しない。
 だから台所に「さとう」はない。

 とはいうもののナチュラルスィーツをつくるときは「甘味」をつけたい。

 ので、そういうときは精製してない「てんさい糖」を使う。

 ちなみに三温糖ではない。

 粗製糖は良いものが多い。



 白砂糖は、人類の「白いものへのあこがれ」と人類の「甘いものが大好き」という、指向と嗜好が見事にマッチした「傑作」だと思う。

 この白砂糖によってどれだけのヒトが虫歯になり、どれだけのヒトが糖尿病になったか、また今後なるか、計り知れない。



 チョコレートはこげ茶色だが、白砂糖がたっぷり。
 午前の紅茶(笑)、コーヒーやジュースにも。
(ペットボトルはゴミになるし~)
 おはぎやおまんじゅうなど和菓子も見逃せない。

 白砂糖はからだにわるいが、人口の半数は「さとうの中毒」にすでにかかっているので、やめられないはず。

 無理してやめる必要もないだろう。
 からだにわるいってわかっているのだから、たべてもいいのだ。(笑)

 なんせ、

 白砂糖は、人類の「白いものへのあこがれ」と人類の「甘いものが大好き」という、指向と嗜好が見事にマッチした「傑作」なのだから。

別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
| -琉春庵-♪ 「都会でできる自然な暮らし」 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。