このページを訪れてくれてありがとう。  2006年4月より、東京→和歌山に家族三人で拠点を移し「都会でできる自然な暮らし」を継続中!(^^ 海まで自転車で15分。遠くに山々が見えます。(^^
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
祐也のお弁当 by おさむ
2009-05-29 Fri 09:04
pict1516.jpg

 なおこが東京で四日間、アーユルヴェーダ出張料理教室なので
 五日間、早起きして(^^;おさむが祐也の弁当をつくっています。

(だって、給食は、ね・・)(^^;

 ごはん、野菜はすべて無農薬です。

 天然塩
 なたね油は圧搾!ね
(これ、N.Y.ニューヨークでも常識よん)
(日本って国は、とりあえず企業を守るよな~・・)

 さて、氣をとりなおして、(^^


 2009. 5. 27 祐也のお弁当 by おさむ

 三分搗き(さんぶづき)ごはん

 トッピングは・・
 青のり
 ゆかり(なかや)
 麻の実

 蒸したのは・・
 紫芋(むらさきいも)
 サトイモ
 そら豆

pict1515.jpg

pict1517.jpg

pict3946.jpg

*****

 2009. 5. 28 祐也のお弁当 by おさむ

 歩いて三分の pan coris(パン・コリス)で前日にパンを買っておいた。

 クルミのパン
 いちじくのパン
(どちらも天然酵母、アメリカ産小麦粉ではない)(^^

 蒸したのは・・
 蕪(かぶ)
 塩とオリーブ・オイル(オルチョ・サンニータ)でイタリアンに。
 サトイモを少々

pict1520.jpg

pict1521.jpg

pict1522.jpg

*****

 2009. 5. 29 祐也のお弁当 by おさむ

 ごはんは、28日と同じ。(^^;

 蒸したのは・・
 さつまいも
 サトイモ少々

 そしてめずらしく、たまご焼き!
 なたね油はもちろん「圧搾」のもの
 たまごは完璧な平飼いのにわとりさんのもの
 青草(雑草)を食べさせ、運動させているにわとりさん

 生たまごもグーッ! (^^

pict1527.jpg

pict1530.jpg

 なべは、すべて「サンエフ健康陶器」です。
 天然長石です。(^^


スポンサーサイト
別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
ピアノ職人
2009-05-26 Tue 08:56
pict1499.jpg

 アーティストサービス夢や
 ピアノ職人 成川弘治さんに拍手!

 2009. 5. 25

 10:00~19:00までピアノの調律をしてくださった。

 これほど、ていねい!な仕事をするヒトは見たことがない!
 ピアノの調律に8時間近くかかるヒトって何人くらいいるのだろう・・

 ピアノをバラし、ひたすら研磨とそうじ・・
 これに膨大な時間をかける成川さん
 ようやく調律を始めたのが16:00過ぎ・・

 ピアノに対する愛情が半端じゃない。

 モノを大切にする心
 ふだん忘れがちなことを思い出させてくれる。

 すばらしい。

 頭が下がる思いがした。

 成川さんはクルマも大好き
 ジムニー、2CV、キャトルを持っていらっしゃる。
 2CVのエンジンのオーバーホールもおてのものだそう。

「クルマをさわるのとピアノの調整とどっちがむずかしいですか」
と聞いたら、少し間をおいてから、
「ピアノですね」とのこと。

 深い・・

(本日の主な作業)

・鍵盤 フロント、バランスピン研磨
・ジャック前後・上下調整
・打弦距離調整
・レットオフ調整
・ドロップ調整
・レペティションレバースプリング調整
・ダンパー総下げ・止音タイミング調整
・Wダンパー、フェルト足カット、総上げ調整
・ハンマーファイリング
・整音 針入れ
・ペダル 雑音処理
 etc..

pict1505.jpg

pict1508.jpg

特に上の写真
Wダンパー、フェルト足カット、総上げ調整:
Wダンパーのフェルトを伸びた分だけ切って、その後調整
(これはもっともむずかしい作業だそう)

・調律



 ヤマハU2などは日本の「えぞ松」を使っているそう。
(中古で程度がよければ買いかもしれない)



 ピッチ:440Hz (A) ユニバーサル・ピッチでお願いしました。
    (442Hz は華やかだが、ピアノの響板にはややきついそう)
    (弦を張るので)



 ピアノ(DIAPASON グランド)は完全に生まれ変わりました!

 ピアニッシモも表現できます。
 タッチが均一で弾きやすい!
 硬質な感じの音。でも不思議に温かみがある。

 ポーンッといい音で響くようになりました。

 感動しました。

 調律費用は、心配なし!
 ごく一般的な料金です。
(二時間分くらいだと思いました)
 いや~、おどろきました。

 成川さん、どうもありがとうございました。

(連絡先)

 アーティストサービス夢や
 ピアノ職人 成川弘治
 tel. & fax. 073-483-0114
 和歌山県海南市日方 1046

http://mypage.odn.ne.jp/home/2cv

http://www.piano-t.net/profile00000090.html

http://nttbj.itp.ne.jp/0734830114/index.html?clk=105&kok=11&svc=1303&Media_cate=populer&wp=J30&wt=J30&wq=Z481200&tkcp=r1&stdad=1&ktid=TO0008052300000076&ktel=0734830114&wr=J30J797J999J999&ws=J30J797J968J999

本日の作業の様子です。写真は13枚
http://badi.web.fc2.com/wakayama_shop2/yumeya/yumeya.html


別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
紀南の旅 2009年5月1日 ~ 5日
2009-05-17 Sun 13:38
pict1260.jpg

 充実した旅だった。(^^

 みんな!ありがとう!!

 そめやなないろ(三重県熊野市)
 紀州備長炭 田中実(那智勝浦)
 木造校舎(新宮市熊野川町西敷屋)
 いこら茶屋(田辺)
 もんぺとくわ(龍神村)
 るあん(龍神村)

 写真はこちら(スライドショー)
 http://badi.web.fc2.com/travel3/kii_090512.html

*****

 2009年5月1日(金)

 朝、和歌山市を出発
 奈良県吉野を経由して~
 三重県熊野市の山奥にある「そめやなないろ」さんに到着。
(地図上の茶色線:和歌山市~吉野経由~三重県熊野市)

 ふき、こごみ(これは4月が旬)、わさびの葉を収穫~

 杉とひのきの葉の違いは、
 ひのきの方が葉が広がっているという点

 高さ4mくらいの「とち」
 葉がきれい

 薪割り体験を少し。

 夕食は楽しい「手巻き寿司」

 かまどのある暮らしを体験させて頂きました。
 ありがとうございます。

 土間も素敵
 黒い石のタイル(宮城県産)をはってある。
 じめじめしておらず格好いい。
 -琉春庵-♪紀美野町三尾川もこんなふうにしたい。

 寝袋に入って「おやすみ」・・



 5月2日(土)

 そめやなないろさんと同じ集落(柳谷)にて
 新建材なし!の天然住宅を拝見させて頂きました。
 この大工さん、すばらしいです。
 こんな家を建てたい方にはご紹介します。
 杉とひのきの家
 外装のオレンジの塗料もドイツのリボスです。
 自然塗料なので安心ですね。



 今日はみんなでお茶摘み~

 緑茶、紅茶、番茶、ほうじ茶など、みんなこの同じ木からできます。

 番茶をつくりました。
 炒って、もんで、
 明日から天日干し。
 三日間干したら、再び炒って、缶かびんに入れて保存します。

 16:00頃、みんなで温泉へ

 夕食は、
 小アジの南蛮漬け
 タイ風カレー

 今晩もご馳走でした。
 ありがとうございます。

<パソコン・サポート>
 Opera(ブラウザ)のエラー・コンソールを取り除き
 ルータの再接続をしました。
 安心して頂けました。



 5月3日(日)

 藍染め(徳島の藍すくもを灰汁醗酵建てして、染め上げている)を
二着、購入♪

 長袖と半袖(襟付き)
 どちらも氣に入っている。

 さぁ、そめやなないろさんとお別れ~
 ありがとう
 ありがとう



 途中、新宮の手前で30分ほど渋滞があった。
 その間、おさむはクルマから降りてジョギング♪
 運動不足を解消

 那智勝浦に到着~
(地図上の緑線:熊野市から南下、那智勝浦へ)

 和歌山県無形文化財
 紀州備長炭 田中木炭
 五代目 田中実さんと再会~

 まずは
 蓮根(レンコン)掘り~
 レンコンの旬は冬だが、幸いにも大きなレンコンが残っていました。
 実さんが「手」で掘ってくれました。

 その後、小麦畑へ
 見事です。
 小型の製粉機もあるので後日粉にするそう。
 ドライフラワー用に小麦の穂を頂きました。
 あと、レモングラスを株ごと頂きました。
 ありがとうございます。

 テントをはってもらいました。

 夕食は炭火!で(^^
 太ったさんま!(紀南産ではないそう (^^;
 さんま寿司
 レンコン炒め
 サトイモ煮
 ご馳走でした。
 ありがとうございます。

 実さんのお父様
 炭焼きのプロ
 静かに語る姿が忘れられない
 コンクリートの多用がいけなかった・・と

 原発やオール電化の問題をお話しましたら
 いたく感心しておられました。
 聴いてくださってありがとうございました。



 5月4日(月)

 実さんの山案内~
 この山にはたくさんの野生の果樹があります。
 一本、一本、ていねいに解説して頂けました。

 接ぎ木って、かなりできるのね。
 役に立たない木はないそうです。
 接ぎ木にするか、まきにするか、
 なにかしらに利用できるそうです。

<パソコン・サポート>
 CD-R/DVD-R に焼く方法をお教えしました。
 ubuntu も差し上げました。
 喜んで頂けました。

 備長炭と木酢液を購入して
 田中実さん一家とお別れ~

 ヤマキで昼食
 鉄火丼です。(^^
 せっかく紀南やから~



 木造校舎(NPO共育学舎)三枝(さいぐさ)さんにアポをとり、
 和歌山県新宮市熊野川町西敷屋の木造校舎へ向かいました。
(地図上の青線:那智勝浦から北上し、西敷屋へ)

 木造校舎をそのまま利用した「石窯パン屋さん」
 かと思いきや
 なんと小麦を育て、粉にし
 なたねを育て、なたね油を搾って
 石窯でパンを焼いているんです。
 すばらしい!

 今日は稲の田植え

 大人数をなんなくまとめている三枝(さいぐさ)さんの
 リーダーシップは見事。

 アポはあったものの突然の訪問にも
 とっても暖かくお話してくださいました。
 ありがとうございます。

 どうやって木造校舎を「村」から借りたのか

 ポイントのひとつは
 役所に通うこと。

 そして役所に対し
「おカネはかけないで、農家兼、パン屋兼、共育の場をつくりたい」
 と、働きかけたことだそうです。

「おカネがかからない」ということで
 役所側は安心し、
 ことは円滑に進展していったそうです。

 祐也がウクレレ、弾き語りを♪

 音楽は、ヒトとヒトとをつなぎます。



 木造校舎さんとお別れ~
(地図上の紫線:西敷屋から西へ~中辺路経由~田辺まで)

 田辺までデミオを飛ばします。
 途中、公衆電話からいこら茶屋へ電話を入れます。

 19:00前「いこら茶屋」へ到着~
 店主 田中淳夫さんに再会

 クルマ4台で小屋へ移動~
 屋外で生野菜やおさしみなどを食べながらお酒を。

 雨がパラついてきたので屋内へ

 その後、田中さんのひとこと

「おくりびと、見よう!」

 観たかった映画なので、なんだかうれしく鑑賞~

 いや~、これはいい映画だった。(^^

 二階で寝袋で就寝



 5月5日(火)節句

 田中さんが「納棺夫日記」青木新門著 をお勧めしてくださった。

 これは立派な哲学書と言っても過言ではない。
(けど、えらい読みやすい)

 本木雅弘(もっくん)が15年前に読み、感動
 その後、青木さんを何度も訪ね、頭を下げ映画化の許可を得たそうだ。

 もっと死を身近に感じるべきだろう、現代人は。

 病院はコメディー。



 田中さんとお別れ~

 今日は雨

 秋津野ガルテンに立ち寄る
 レストラン、宿泊所もあり、なかなかよい
 農産物加工体験もできる



 さぁ、龍神村へ向かう
(地図上のうぐいす色の線:田辺~龍神村)

 11:00頃、石窯パンのもんぺとくわ、に到着~

 忙しそうだったので会話は慎んだ。

 ところが奥様が祐也に語りかけてくれた。
 それをきっかけに話が盛り上がる。

 なんとご主人、現在、薪割りをあまりしていないそう。

 なんと!竹で、パンを焼いている。

 ボクも石窯、あります、と言ったら
 惜しげもなく、竹でパンを焼く方法を伝授してくださった。
 ありがとうございます。

 竹でパンは焼けない、という常識をくつがえす、
 この方法。
 しかも竹を自分で切らない。
 落ちている竹を拾ってきて
 ナタで切るだけ
 すばらしい。

(竹用のナタは竹細工用なのだそうです)



 とうふの「るあん」に電話する。
 本日営業中とのこと
 とうふ二種(豆違い)の予約をして出発~

 もんぺとくわからクルマで20分ほど

 るあんに到着~

 かわいい手作りの店内

 とうふのケーキ、おからのケーキ
 おいしい

 とうふづくり体験もできる。

 るあんは龍神村に古くから伝わる青大豆を使って
 まきでとうふづくりをしている

 伝統的なとうふの製法を後世に伝えようと
 夫婦(お子さんもいらっしゃる)で龍神村へ移り住んだ。
 海外(タイ)経験も豊富で、

 とにかく、
 店内のセンス
 素材の良さ
 まきと大釜でつくるとうふのおいしさ
 奥様のきっちりした応対

 どれをとっても完璧~

 すかっり仲良くなって

「またきます~」とお別れ



 さぁ、久しぶりに和歌山市へ帰ろう。
(地図上の緑線:龍神村~和歌山市)
(西へ走り、海沿いを北上)

 有田(旧吉備)経由

 高速は渋滞していたので一般道で帰路についた。

 高速には一度も乗らなかった。(予定通り)
 宿泊費はかからなかった。(4泊とも友人宅に宿泊)
 相変わらずおカネをかけずに旅をする藤川家であった。(^^;



 あまりにも濃密な五日間だった。

 みなさんに感謝!

 ありがとうございます!

 ふじかわ おさむ at 和歌山市
別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
ピアノ・ライブ♪
2009-05-07 Thu 10:30
 5月はじめに移転したばかりの OLD TIME(和歌山)にて、
JAZZ PIANO LIVE! をします!

 今回は AKU こと谷所由佳子さんのジャズ・ピアノ弾き語りライブに
2曲(All of me & It's only a paper moon)だけ、ふじかわおさむが
参加させて頂きます。



 日 時:2009年5月15日(金)
     OPEN19:00 START20:00~

 場 所:OLD TIME
 新住所:和歌山市北新5丁目70ひめビル1F
 TEL&FAX:073-428-1950

 出演者:AKU with Kosiba & ふじかわおさむ

 charge: \1,500.-

 お問合せ:TEL073-428-1950 (OLD TIME)

 是非、お越しください。(^^

別窓 | イベント | コメント:0 | トラックバック:0
そめやなないろ展
2009-05-07 Thu 10:27
20090413113650a34.jpg

 みなさん、おはようございます。
 和歌山に、藍染の「そめやなないろ」さんが再びきます!

 徳島の藍すくもで染めています。

 三重県の熊野の山深き七色峡にある「そめやなないろ」さんは、
 日本の藍すくもを灰汁醗酵建てして、染め上げています。(^^

 八回染めとか・・ すばらしいです。



<そめやなないろ展>

2009年5月7日(木)~5月17日(日)11:00 ~ 18:00
(5月12日(火)は休廊です)

和歌山市12番丁10 本山ビル2F
Msギャラリー12番丁

ナナイロのギターデュオライブ
5月10日(日)14:30 start charge \1,000.-

是非お越しください。
お問い合わせ:090-6320-0665

Msギャラリー12番丁への地図はこちら
http://homepage3.nifty.com/badi/event/someya_nanairo.html

別窓 | イベント | コメント:0 | トラックバック:0
| -琉春庵-♪ 「都会でできる自然な暮らし」 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。