このページを訪れてくれてありがとう。  2006年4月より、東京→和歌山に家族三人で拠点を移し「都会でできる自然な暮らし」を継続中!(^^ 海まで自転車で15分。遠くに山々が見えます。(^^
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
14年前のパソコンって使えるの?
2009-07-28 Tue 11:09
pict0006f.jpg

pict3990f.jpg

(一番下に「まとめ」があります)

Q:14年前のパソコンって使えるの?
A:使えます

Q:ネットはできるの?
A:できます

Q:光ファイバにつながらないのでは?
A:つながります

Q:ホームページは作成できるの?
A:できます。得意分野です。

Q:ホームページの更新は?
A:もちろん、できます

Q:写真のスライドショーは?
A:作成できます。得意分野です。

Q:最新版のフラッシュに対応できないのでは?
A:できます。まったく問題ありません。

Q:メールは?
A:もちろん送受信できます

Q:セキュリティは?
A:personal firewall が入るので安心です

Q:起動時間が遅いのでは?
A:最新版 WindowsVista よりも速いかも

Q:動作が遅いのでは?
A:速いとは言えませんが十分な速度です

Q:USB port はありますか
A:ありません・・(^^;

Q:デジカメからの写真の取り込みは?
A:できます(カードアダプタを利用します)

Q:画像の一覧表示は?
A:できます ApViewer を利用します

Q:画像の縮小は?
A:時間はかかりますが、できます

Q:IE6 sp1, IE7 は入りますか?
A:入りません・・(もともと不要でしょ)

Q:Firefox 3 は入りますか?
A:残念ながら入りません

Q:Excel2003 は入りますか
A:入りませんが、表の作成でしたら Cassava が便利
です。

Q:英和和英辞典は入りますか
A:もちろん入ります

Q:分厚いノートパソコンなのでは?
A:いいえ。厚さ:16mm です(キーボードの部分)

Q:大きいのでは?
A:縦:20.3 cm 横:27.8 cm でコンパクトです。



 さすがに14年前のパソコンともなると、みんな見向
きもしなくなる。

 しかしまだまだ使えるどころか、メリット(長所)さ
へあることをここに記録しておきたい。2009年7月
時点で1995年のマシンが快適に動作していることの
記録を。


<ホームページの作成>

 ひとことで言って「快適そのもの」である。
 いまこの古いマシンでキーボードを打っている。

 ソフト:MKEditor(エディター)

 つまり、メモ帳と同じ種類のソフト

 html を使っている。
 html はわかりやすいので好きだ。
 誰にでもわかる言語は助かる。
 ホームページビルダーは、ボクには難しかった。
 なにしろ「タグ」がくずれるので手を焼く・・

( Windows95 でホームページを作成する場合の注意点
)(^^;

・すべてのファイルをロングファイルネーム、すなわち
9文字以上にすること。こうしておかないと、ファイル
を保存する際、勝手に先頭の文字が大文字になってしま
い ftp でUPしてもファイルとファイルのリンクがで
きない・・これだけは守ってください。

 9文字以上にしておけば、Windows2000/XP からファイ
ルのコピーをしても勝手に大文字になるなどのトラブル
はなくなります。

# むかしは、一生懸命、8文字以内に収めたもんだった
が・・(^^; HP 200LX の時代・・(いまでも 200LX は
現役です)


<スライドショー>

 最新版フラッシュによる写真のスライドショー。

 これも MKEditor でかんたん!に作成できる。

 下記はこの14年前のマシンで作成したスライドショ
ーです。

http://badi5.web.fc2.com/short_essay75/ayurvedic_090625.html


<ホームページの公開>

 ftp でUP。これも快適そのもの。

 ソフト:AutoFTP

 このソフトはなにしろ軽い。
 また FFFTP のようにいちいち WEB SERVER と交信し
ないので、パソコンにも負担がかからないし、時間も節
約できる。

 AutoFTP の場合、起動した瞬間に自分が更新したファ
イルだけが表示されるので、あとは「スタート」ボタン
を押すだけ。(^^ (注意点:MKEditor で編集した
html ファイルは閉じてからUPしてください)

 AutoFTP は誰でも使えるソフト。
 Vector によると最近の人気ソフトになっている。


 次はメリット(長所)編です。

<キーボード>

 名門 DEC(digital)

 この digital HiNote Ultra CT475 は「ウルトラ」(
超)キーボードが打ちやすい。まったくストレスがなく、
いつまでも打っていられる。


<ファン・レス>

 内部ファンがないので静か・・
 静かだと集中できる。
( CPU:75MHz なので、それほど過熱しない)
(従って、ファンなし、の設計となっている)


<HDの信頼性が高い>

 なにしろ14年間、使い続けても壊れないのだから。
 論より証拠。

 いまどきのパソコンのHDは二年持たないものも多い。
 それに比べれば7倍の寿命。

 HDにはOSもデータも入っているんだから、容量が
大きいことよりも信頼性が大事。なのにいまどきのメー
カーは大容量化に走っているように見受けられる・・

 40GB までは好きだが、それ以上は寿命が短い氣がし
ます。



<内部電池>

 すでに内部電池(時計用リチウム電池)が切れている
が、電源投入後、一度、BIOS を起動するだけで、
Windows が起動してくれる。その後、MS-DOS から
date, time を合わせるだけでOK。DOS も結構楽しい。

 バッテリーも当然死んでいるがACアダプターから電
源をとっているので問題なし。


<写真の取り込み>

 カードアダプタを使います。
 まったく問題ありません。

 PCMCIA port は二ヶ所あるので重宝しています。


<画像の縮小>

 縮小専用。を使います。
 デジカメはいつものコニカミノルタA200
 設定は 1600 x 1200
 VGA(640 x 480)でもいいと思います。
 一枚あたり45秒かかります。
 いまどきのパソコンの CPU のすごさが実感できます。

<Firefox>

 Firefox は入らないので、サイトを見るときは別のパ
ソコンで見ることにしています。


 次は、いまになってわかるメリット編です。

 キーボードのタッチ(感触)がサイコー!
なのはいいとして、
 様々なサイトが見れない(笑)ので、文章作成に集中
できることを発見しました。

 ファイル・コピーも DOS の方が速い場合も多く、その
他のコマンドも思い出しました。

Windows95: winipcfg
Windows2000: ipconfig
Linux: ifconfig

 動作がやや遅いマシンなので、すべてにおいてていね
いな操作に、自然になります。

 なんだかいいことづくめです。

 セキュリティはルータがあり、Outpost firewall が
あるので万全でしょう。また、サイトを見ないのでトロ
イの木馬などにやられる心配もありませんね。


<スペック>

 CPU: 75MHz
 RAM: 24MB
 HD: 500MB
 Compact Flash: 512MB

 いまや恐竜時代のようなスペックですが、こうして現
に動作している・・なかなか感動的ですし可愛いです。

 HDの容量と backup 用メモリの容量が同じです。
 ここでも時代を感じます。


<まとめ>

 1999年以降に製造されたパソコンなら問題なく使
えるので、捨てないでくださいね。電源さへ入ればだい
たい修理可能です。生まれ変わります。

 1998年製造でも、まぁ、なんとか大丈夫です。
 機種によります。

 1997年製造ですと、ちょっと考えてしまいます。
(最近のサイトはとにかく重いページが多いので)

 1996年製造ですと、骨董品扱いかな。

 1995年製造でも、このパソコンのようにホームペ
ージの更新や英和辞典など、用途を絞れば快適に使えま
す。

 1994年以前の製造ですと、ほんとーの骨董品なの
であと数年で価値が出てくるでしょう。

 それではあなたの快適なネット・ライフを願って。

 ふじかわ おさむ at 和歌山市

実際にUPしたページ
http://badi5.web.fc2.com/short_essay75/digital75_090727a.html


スポンサーサイト
別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
夏だから、サマータイム♪
2009-07-26 Sun 11:18
pict1731f.jpg

 ピアノのアドリブ(即興演奏)もしよろしかったら聴いてください。(^^

 8/5(水)OLD TIME(和歌山市)出演に向けて練習しております。(^^

 Summer time - 2009. 7. 22 唄:Singer AKU
 http://www.eonet.ne.jp/~daichi8282/piano2/piano_osamu_summer_time_090722c.mp4

 Blue Otani - 2009. 7. 22 唄:Singer AKU
 http://www.eonet.ne.jp/~daichi8282/piano2/piano_osamu_blue_otani_090722a.mp4

 再生できなかったヒトはこちらへ
 http://www.eonet.ne.jp/~daichi8282/piano2/piano2.html

 ふじかわ おさむ at 和歌山市

 -琉春庵-♪
 http://homepage3.nifty.com/badi/
 Think Globally, Act Locally!



別窓 | ピアノの即興演奏 | コメント:0 | トラックバック:0
「考えないヒト」ケータイ依存で退化した日本人
2009-07-13 Mon 15:42
pict1730.jpg

「考えないヒト」ケータイ依存で退化した日本人
正高信男(まさたかのぶお)著 中公新書

 読書感想文です。

 これまた勉強になりました。(^^


<ケータイ・メール>

 これはいっけん確かにことばで意志疎通しているように見える。

 しかし、若者の携帯メールの使い方で多いのはむしろ「うれしい!」や「悲しい・・」などと言った感情表現が主だ。

 顔文字の多用はみなさんご存知の通り。
 その他にギャル文字・へた文字なんてものまである。
(ケータイの画面でですよ!)
(この本には実例もあり、若者文化を知るにはなかなか興味深かった)

 つまり、文字情報はいまや脇役で、感情表現が主役になっている。

 たとえて言うならば、ボクがよく使う (^^ や (^^; などが主役である、ということ。

<ことばと視覚イメージ>

 わたしたちは、行動するとき「言語的発想(左脳)」と「非言語的視覚イメージ(右脳)」とのバランスを上手にとって、それで「いま、こうしよう」と判断しているという。

 しかし、いまの若者の言語能力は著しく衰え(コミュニケーション能力もほとんどない・・)、その代わりに「顔文字」「アイコン」に代表される視覚イメージに瞬時に反応することにはたけている。

 自分のことばで、自分の頭の中でうまく思考できないし、よく考えられない。けど視覚イメージが行動に直結することがきわめて多いとするならば「キレやすい」若者が増えてしまった原因のひとつは「ケータイ」のせいと言えるのではないか、というのが著者の論理。ボクも賛成。

 カミュの「異邦人」の解説は秀逸だ。「レエモン、浜、海水浴、争い、また浜辺、小さな泉、太陽」こういった断片的なイメージが殺人という結果を生んでしまった。これはいわば「まっ白」なイメージだ。白い心になぜ?と問うこと自体が筋違いなのだ。

 若者のキレた行動に「動機」はない。

 こわいことだが、受け止めるしかない、というすごい時代に我々は生きている。

<ケータイがサル化を促した>

 いまの若者はニホンザルと変わらない。それは言語学的に見ても文化度で見ても。なぜならば前述したように、いまどきの若者は視覚的イメージによる感情表現が主になっているからだ。これはサルがうれしいときにキッキッキッキッとないたり、敵を威嚇するときにガッガッガッガッとなくのとそう変わらないという。

 つまり皮肉にもケータイなどのIT化が、現代日本人のサル化を促したというのが著者の理論であり、これまたボクも賛成である。

<なにも考えないヒト>

 ケータイのせいで、家族は崩壊し、父性はすでになく、地域社会も崩壊した。崩壊してしまっている地域社会に対し「地域社会の復活を!」なんて言っても無意味だ。

 大人も若者と同じく出会い系サイトに夢中で「あいさつがわりの性交渉」もあれば、意外に多いのが「ネット上での純愛」を実現すべく、織り姫・彦星を演ずるのにみな忙しいという。二重人格は当たり前。

 現実が厳しいので現実逃避したいヒトばかり。

 こうして日本人の多くは「なにも考えないヒト」となってしまった。

 特定の政党を応援している方がややもすると変人扱いされたりする。

 ただただ、おいていかれるのがいやで、ブランドもののバッグを買いあさり、流行に乗り遅れまいとする。ケータイで「ただつながっている状態」が最重要項目で、それがないと不安でたまらない。

 悲しい現実である。

 人類が生み出した「ケータイ」が「ライフスタイル」をも大きく変え、そればかりか、日本人は「サル」になってしまった。

 これは「ケータイ」を発明する前には予期できなかった事態なのだろう。

 ケータイメール依存症、ネット中毒からはなかなか抜け出せない。

 かといって、ケータイのない時代にまであと戻りもできない。

 ケータイやネットを「道具」として使うことが大切だ。

 ネットワークは広がってしまったので、依存症や中毒にならないよう、氣をつけながら「新たな社会のネットワーク」を構築していくしかないのだろう。

<視覚イメージで衝動的に!>

 本来は当然!中学生・高校生・大学生などにケータイは不要だ。だから親が子にケータイを買い与えなければよいのだが、現実にはそれはほとんど不可能の様相を見せている。

 この「日本人のサル化」現象をつくりだしたのは、決して若者ではなく「その親」だ。常に大人がわるいし、大人に責任がある。

 コミュニケーションばかりが便利になって、いったいなにが残るというのだろう。「IT化」や「おカネ」「石油」「軍備」などばかりに目を向けていた我々の責任である。

 日本人の多くは「サル」になってしまったので、相当注意して接しないと、たいへん危険な目に合うだろう。

 なにしろ相手は
 特になにも考えずに
「視覚イメージ」で
 感情のままに行動するのだから。

 怒らせたらまったくなにをされるかわからない。

 そういう「暮らしにくい」社会をつくったのは「ケータイ」と言っても過言ではない。

<捨てるということ>

 念のため繰り返すが「ケータイ」や「ネット」を否定しているのではなく、それらに依存することなく「道具」として割り切って使用することが大事なのだろう。

 人間が生み出したものに「使われては」いけない。

 またときには必要でない道具は「捨てる」勇氣も必要だろう。

 捨てなければ、新しいモノも考えも生まれないからだ。

 まず「おカネ」に目を向けることを減らしていくべきだと思う。

 「おカネ」のためだけに動くのはあさはかだ。

 いま自分のしていること(行動)は、みんなのために(また自分のためにも)なっているかを常に念頭においておきたい。

 それを肝に命じることを怠ればろくでもない終末があっという間にやってくるだろう。

 そうならないよう「ケータイ」からは距離をおきたい。

* この文章は14年前のパソコンで作成しました。現在の Vista マシンよりも快適に動作しています。ここ14年間のパソコンの進化とはいったいなんだったんだろう・・と思います。とても進歩とは言えないような氣がします。

* 写真は「びわ」 おいしい~ (^^

 ふじかわ おさむ at 和歌山市


別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
OLD TIME にピアノ出演します♪
2009-07-12 Sun 15:27
pict1706.jpg

 8/5(水)20:00~ OLD TIME(和歌山) にてわたくし藤川 修、ライブに出演します♪ jazz vocal と duo です。よろしければどうぞ。ボクはピアノを弾きます。(^^

 今回は jazz を5~7曲、やります。(^^

 今回もSinger AKUこと由佳子さん(jazz vocal)と出演します。
 唄とピアノの夜をどうぞお楽しみください。

 予定表
http://www.first-take.co.jp/oldtime/yoteiview.cgi?df=200908

 OLD TIME への地図
http://www.first-take.co.jp/oldtime/access.htm

 日 時:2009年8月5日(水)
     OPEN19:00 START20:00~

 場 所:OLD TIME
 新住所:和歌山市北新5丁目70ひめビル1F
 TEL&FAX:073-428-1950

 出演者:Singer AKU& 藤川 修

 charge: \1,500.-(当日)
     \1,200.-(前売り)

(チャージについて)

 お知り合いの方でしたら(当日の急なご来店でも)入り口で「藤川さんに取り置きを頼んでます」と申し出ていただければ、1200円でOKです。

 「1ドリンク別途」です。

 ボクらのあとに、他に2組のバンドが出演します。
 合わせてお楽しみください。
 当日は「女性ヴォーカルナイト」です。

 お問合せ:TEL073-428-1950 (OLD TIME)

 是非、お越しください。(^^

 OLD TIME
http://www.first-take.co.jp/oldtime/

P.S. なお、出演者(おさむ)へのギャラはありません。(^^

 けど、もちろん、がんばります。(^^

 写真は「麦の郷」ナチュラルスウィーツ教室のクッキー



別窓 | イベント | コメント:0 | トラックバック:0
(おさむの推薦本)「資本主義崩壊の首謀者たち」広瀬隆 集英社新書
2009-07-05 Sun 16:05
pict1849.jpg

 アメリカ。

 すでにこの国の経済は崩壊している。

 それが言い過ぎと言うならば、

 2008年にアメリカ資本主義は崩壊した、とは言える。

 だってさ、

 リーマン・ブラザーズも
 AIG(アリコジャパンの親会社)も
 全米一の銀行「シティグループ」も
 全米一の証券会社「ゴールドマン・サックス」も
 第二位の「モルガン・スタンレー」も

 その他ありとあらゆる金融機関が政府からおカネをもらって生き延びる、という道を選んだってことは、つまり・・

 国有化されちゃったわけだ。

 これはどこから見ても資本主義のルールではない。
 これら一連の「救済策」は社会主義国家や共産主義国家のルール。

 つまり「金融メカニズム」が崩壊したなんていう甘っちょろいもんではなく、「資本主義制度」が崩壊したわけだ。

 いま現時点で「アメリカ資本主義」は生きておらず、死んでいる。
 完全に。

 なぜ、このようなことになってしまったのか。

 それを本書は、アメリカの知性とユーモアにあふれた、実際に新聞に掲載されたヒトコマ漫画をふんだんに紹介しながら解説している。

 尊敬する広瀬隆さんのすばらしい情報収集力と分析力が仮にないとしても(本書はもちろんすばらしいのですが)このヒトコマ漫画を見て、わずかに英語が理解できれば、2008年時点で「アメリカ資本主義」が完全崩壊したことはお分かり頂けると思う。

 知性あるアメリカ人自身が「アメリカ」を語る「漫画」は
 冴え渡っている。

 英語ができなくても広瀬隆さんが日本語で解説してくれているのでご心配なく。



 では誰がわるさを仕組んだのか。

 それは・・

 すべて名指しで本書に書いてあります。

 いつ、誰が、なにを仕組んだのか。
 すべて記載してあります。

 そして、こいつらは、今日も、なんの責任もとらず、のうのうと生きています。ぜいたくな暮らしぶりだろう。(興味なし)(笑)

 では日本は、そして日本人はなにをすべきか、指針が最後に述べられています。

 金融・経済の「本」となると、つい「むずかしそう・・」という氣がしてしまうあなた!大丈夫です。この本は本当に簡単なことばでわかりやすく書いてあります。広瀬隆さんが「誰にでも読める文体」を目指していることが、よく伝わってきました。

 全部読む時間がないヒトは全部読まなくたっていいさ。

 P1~P43までがおもしろい!のと、

 日本のとるべき進路を示した
 P208~P237

 以上、二ヶ所でOK.

 つまり中間の「誰がいつ何を仕組んだのか」は読まなくてもいいです。(時間がないヒトはネ)


<世界中にあり余っている「おカネ」>

 現在、世界中に「おカネ」があり余っているのです。

 日本人全員に定額給付金、一律「百万円」あげても、まだまだ余裕。
 ちょっと計算できないほど、おカネが余っているのです。

 その「おカネ」がちょっとでも儲かりそうな「ネタ」はないかと狙っているんです。ヘッジファンドやデリバティブが狙っているんです。

(「おカネ」の行き場が、なかなか見つからない・・)

 しかし狙われたら最後、一国の通貨なんて一晩で吹き飛んでしまいます。

 1997年7月、タイから始まったアジア通貨危機もそうでした。

 ヘッジファンドが通貨の空売りを仕掛け、買い支えることができないアジア各国の通貨は変動相場制を導入せざるを得ない状況に追い込まれ、通貨価格が急激に下落したんですね。

アジア通貨危機
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E9%80%9A%E8%B2%A8%E5%8D%B1%E6%A9%9F



 だから、

「円」というおカネに頼っているのはあぶないかもしれません。

 給料や
 預金に
 頼ること自体があぶない、と言えるでしょう。

 おカネを稼ぐことは、元来、素敵なことですが、
 たくさん儲けるのは、どうかな・・と思います。



 やはり、

 地域通貨に可能性を見ます。

「エンデの遺言」根源からお金を問う 1/6
http://www.youtube.com/watch?v=3YeagjqoDpk

http://www.grsj.org/report/report/endenoyuigonsinario.html

「エンデの遺言」根源からお金を問う、のDVD、ありますので、観たい方はご連絡をください。書籍もありますね。



 人間の欲望は際限がないので、

 もう、そういうやつらとは、

 なるべく関わりを持たずに生きていきたいものです。

 そういう意味でも、

 長野県豊丘村にある、
 穀物菜食と自然体験の宿「なかや」ファミリーのような生き方が一番だと思う。
http://badi.web.fc2.com/travel3/nakaya_070801.html

 都会における大地震の恐怖もないし(田舎だから)
 経済危機もこわくないし(野菜と米、つくっているから)
 エネルギー危機もこわくない(電気に頼っていないから)
(ガスも使わず、まき~)

 理想的だな。(^^



 とにかくこの本、チョーおすすめ!です。

「資本主義崩壊の首謀者たち」広瀬隆 集英社新書
 720円+税

 明日、本屋さんで買ってください。
 多分、平積みになって目立つところに置いてあります。

 もし、おもしろくなかったら(もしくは勉強になったな、と実感できなかったら)720円、お返しします。(笑)

 そのくらい自信あり。(^^

 ふじかわ おさむ at 和歌山市

 -琉春庵-♪
 http://homepage3.nifty.com/badi/
 Think Globally, Act Locally!



別窓 | essay | コメント:0 | トラックバック:0
| -琉春庵-♪ 「都会でできる自然な暮らし」 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。