このページを訪れてくれてありがとう。  2006年4月より、東京→和歌山に家族三人で拠点を移し「都会でできる自然な暮らし」を継続中!(^^ 海まで自転車で15分。遠くに山々が見えます。(^^
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
中日新聞と東京新聞にお礼の電話をしました
2009-11-13 Fri 15:44
 お~、すばらしい。

 だんだん世の中、変わってきました!

 中日新聞・東京新聞の社説に、なんと「プルサーマルはもう一度、ちゃんと考え直すべき!」という文章が掲載されました。

 パチパチパチ・・(拍手!)

 ボクは思わず、下記へ電話しました。

「和歌山のふじかわおさむと申します、
 11/11の社説のお礼を申し上げたい」と。

 中日新聞 052-201-8811
 東京新聞 03-6910-2211

 みなさんもぜひ電話してみてください。

 中日新聞はちゃんと担当者が出てきてくれて、喜んだ声を聞かせてくれました。いいおっちゃんです。(お礼を言われれば誰だってうれしいはず!)

 東京新聞も対応がよかったです。こちらはおばさま。

 電話っていいな。声が聞こえるから。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2009111102000041.html

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2009111102000067.html

(以下、転載します)

 プルサーマル 誰のための「国策」か

 2009年11月11日

 プルサーマル発電の試運転が、佐賀県玄海町の九州電力玄海原子力発電所で始まった。国内初だが、海外では撤退に向かう核燃料サイクル計画は、「国策」として続けていくに足るものか。

 プルサーマルとは、原発で使用済みになったウランの燃えかすからプルトニウムを抽出し、新しいウランに混ぜてもう一度燃やす、燃料リサイクルである。

 本来ならば一九九九年、関西電力高浜原発か、東京電力福島第一原発が「第一号」になるはずだった。ところが、MOX(ウラン、プルトニウム混合)燃料の品質管理データ改ざん問題などで、計画は頓挫した。十年の遅れを生んだもの、それは原発につきまとう、トラブル、隠ぺい、そして不信の連鎖にほかならない。

 玄海3号機は、何とか始動にこぎ着けた。来月には営業運転を開始する。が、不信がぬぐい去られたわけではない。MOX燃料を供給すべき青森県六ケ所村の再処理工場は、トラブルの連続で完成が十七回も延期されてきた。

 使用済み燃料を再利用する「核燃料サイクル」は「国策」という。ただし、発電すればするほど燃料が増える高速増殖炉がその本命だった。しかし、実用化のめどは立っていない。“つなぎ”役のプルサーマルも制御が難しいとされるなど、技術的な疑問は多い。利用できるプルトニウムは使用済み燃料のわずか1%、それ自体が猛毒だ。MOX燃料の価格は、通常のウラン燃料の十倍近い。欧米では“再処理離れ”が進む。

 使用済みMOX燃料の捨て方は決まっておらず、核燃料の「サイクル(輪)」は寸断されている。

 関係者はことあるごとに「安全」を強調するが、住民の不信と不安がくすぶる中で見切り発車したという印象も否めない。それでも先を急ぐのは、核兵器にも転用できる再処理済みのプルトニウムがたまりすぎているからだ。

 来年度にかけて、四国電力伊方原発、中部電力浜岡原発なども、発電開始をめざしている。

 民主党政権下でも「国策」は変わっていない。エネルギー自給率4%のこの国で、政府や電力事業者は「国策」遂行に邁進(まいしん)し、そのために不信を呼んだ。安全確保、情報公開は当然だ。その上で、少し立ち止まって考えたい。安全、コスト、将来性、ライフスタイルなどの面から、私たち消費する側も交えて「国策」を冷静に論じ合い、見直しを図るべきだろう。
(転載はここまで)
スポンサーサイト
別窓 | 原発 | コメント:0 | トラックバック:0
<<11月17日(火)ヴィンテージ(和歌山)に出演させて頂きました | -琉春庵-♪ 「都会でできる自然な暮らし」 | 唄とピアノの夜をどうぞお楽しみください>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| -琉春庵-♪ 「都会でできる自然な暮らし」 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。